So-net無料ブログ作成

タイ不動産投資運用で節税と資産拡大 [[タイ]不動産]

DSC_0298.JPG

日本での投資用不動産は価格が2020年までは高騰しその後は人口減少で物件の余剰で投資利回りと資産価値が現象が見込まれます。反面成長著しい東南アジアでは人口増加と今年発動するASEAN経済共同体(AEC)によりさらなる経済発展が見込まれ居住用投資物件の価値が年々増加してます。日本の企業も日本以外の消費マーケットとして従来の製造メーカーだけでなく小売・飲食産業も続々進出が止まりません。その中でもタイバンコクはアジアの中で日本人居住者が一番多く、AEC各国での中心的な一と機能を有することでさらなる経済の発展が見込まれ現在はバンコクへの近代的なマンションと商業施設、交通インフラの新設ラッシュで将来の東南アジアでの中心的な近代都市に変貌しようとしてます。タイバンコクでマンション(コンドミニアム)に投資して安定した賃貸収入と将来増加が確実な資産価値を今取得することが賢明ではないでしょうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。